財布の買い替え時期

財布の買い替え時期について

財布には寿命があります。この寿命は一般的には3年を目途に買い替えるとよいとされていますが、その理由は縁起を担いで財布が張る=春とされており、節分の頃が吉とされています。3年ごとに買い替えたからと言って直接金運がアップするわけではありません。3年という数字は、物事が完成するタイミングとしてはちょうどいい時期です。

ただ現実的な生活費にも節約が必要な状態で財布だけ変えてもあまり意味がありません。この寿命は、人によってその使い方で変わってきます。ではいったいいつ変えればいいのかということですが、金運は綺麗なところに引き寄せられます。ですので、今一度自分の財布の状態を確認することが必要です。色褪せていたり、革が破れていたり、またホックやボタンが壊れていたりしませんか。

また使いすぎて革がくったりしていたりしていたりすれば、3年を待たずに変えることが必要です。また3年経っても比較的綺麗な状態であれば、敢えて買い替える必要はありません。財布の状態と自分の家計の状態が結びついていることが多いのできれいでピカピカなら、金運も上がりますし、くたくたなら家計も切りつめていることが多かったりします。では財布を替えると決めたら、いい時期はいつかについてお話しします。
季節的には一般的には「春」が財布の買い替え時とされていて、特に節分の頃に財布を買い替えるとよいとされています。また秋のお彼岸の時期もいいとされています。春が「貼る」なら秋は「実」時期として縁起がいいとされていますので、お彼岸ですし、ご先祖様への感謝とともに買うとよいでしょう。
その時期を逃してしまった場合には、自分の誕生日に気持ちを切り替えるという意味で買って使うと、気持ちを新たに、金運を変えていくことができるでしょう。

新しく買った財布を使い始める日にもこだわるとよいとされています。使い始めるのは「寅の日」に使い始めると、風水的にもよいとされています。あと買う際の注意点としては、新品のものを購入した方がいいでしょう。中古品ですと、前に使っていた人の悪い気がこもっているかもしれません。
中古品の場合は、いつもよりお金を多めに入れて部屋の北東におき、運気が上がるようにチューニングするとよい運気が得られます。

気に入った財布をできるだけ長く使いたい場合は一つのものをずっと使い続けるのではなくたまには違うのに入れ替えたりして痛みをできるだけ最小限にすることも必要でしょう。

最近の投稿

Copyright© 2014今ホットなお財布ってなんでしょう、色、形状、素材から財布を選ぶための方法 All Rights Reserved.