ベージュの革財布

男性にも女性にも人気!ベージュの革財布

春になり、気持ちを新たに財布を買い替えるという方も多いのではないでしょうか。春に財布を買うのがいいとされている理由が、「春=張る」という意味で、お金がたくさん入ってパンパンに張るというところから縁起がよいとされてきました。また縁起を担ぐということでは、財布の色も選ぶとよさそうです。

風水では財布の色によってお金の出入りや、貯蓄運が変わるとされていますし、重要視されています。気持ちを新たに金運を上げるために、今回は金運がよいとされるベージュの革財布についてお話ししていきます。まず、ベージュという色と金運がどのような関係があるのかについてお話しいたします。ベージュの色の風水的効果ですが、この色は土の色に近いため、大地の力を持っていると言われています。

また「育つ」「守る」などの力があり、健康運や出世運ん、結婚運が上がるといわれています。土(大地)の力とお金の力はとても相性がよいとされており、大地の力でお金を育て、お金を生み出すといわれていることから、ベージュ色の財布は、お金を増やすだけでなく、守る=貯蓄する力があると考えられています。結婚運や恋愛運もあげてくれるので、女性にはもちろんですが、貯金ができる、堅実にお金を増やせるということで男性が使うと、上品さをうかがえる色です。

収入を今までより増やしたいと思われている方にはそうした流れを生み出してくれます。また臨時収入を狙っている方にはおすすめです。そして革財布についてですが、なぜ革系がいいのかということについてお話しさせていただきますが、例えば牛革は牛ですが、牛は人間にとって肉、乳、骨、皮とほとんど捨てることがないくらい、人の生活に役立つ動物です。また牛革は「蓄財」という意味を持っており、牛革の財布はお金を貯める力があるとされています。

財布には他にもさまざまな動物の革が使われています。豚はお金を循環させる作用があるとされていますので、ご商売をされている方に向いているとされていていますし、オーストリッチ革も増やして貯める力がありますので良いとされています。

また革財布がよいとされている理由は、布やビニールに比べて破れたり、傷ついたりしにくいことで、丈夫ですし、使えば使うほど、味わいが出てくるのです。このように金運がよいとされる色の革財布を選ぶことで、よい金運が舞い込むだけでなく、丈夫なので、長く使うことができるのです。

革財布が汚れてしまった時には皮革用クリーナーを使用するのがベストですが、ない場合は柔らかい布を水に濡らして、しっかりと絞って水気を抜き、やさしく汚れ部分を拭きます。拭いた跡は直射日光に当てないようにして乾かします。できるだけ長持ちさせるためにも丁寧に扱うようにしましょう。

最近の投稿

Copyright© 2014今ホットなお財布ってなんでしょう、色、形状、素材から財布を選ぶための方法 All Rights Reserved.