コンパクトな長財布

意外とコンパクトな長財布もあります

長財布は折りたたみ財布に比べて、実にたくさんのメリットがあります。サイズが大きくなる分、持ち運びの面で不利になる部分は確かにあります。しかし、長財布の中でもポケットに入るようなコンパクトなものはいくつもあります。折りたたみ財布よりは大きくなりますが、なにも分厚くて重々しいものだけではありません。薄く、軽いものもあります。

サイズが気になる方は、そのようなコンパクトサイズの長財布を持つと良いでしょう。さて、折りたたみ財布に比べてのメリットですが、なんと言ってもお金の管理がしやすくなることです。中が広い分、小銭がたくさん収納できます。その小銭がだいたいいくらあるのか、すぐに見て分かります。

さらにレシートも折ることなく入れることができます。日々の出費をチェックするのであれば、レシートがすぐに見える状況にあることは意外と便利なものです。そして同様の理由で、お札の枚数をチェックしやすくもなります。

長財布にすることで、節約や無駄遣いの抑制につながることもあります。クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードも見やすく収納することができます。

それから、長財布の方が見栄えが良いです。レジで会計をする際に、長財布の方がスマートに見えます。男性はズボンのポケットよりも、スーツの内ポケットから出した方が圧倒的に見栄えが良いでしょう。折りたたみ財布の場合、厚さが出てしまいますので、ポケットが膨らんでしまいます。せっかく良いスーツを着ていても、それでは台無しです。

ポケットの出口で引っかかってしまうと、さらにカッコが悪いでしょう。そしてお札がシワにならないことも長財布のメリットです。折りたたみ財布の場合、必ずお札にシワが出来てしまいます。シワのあるお札よりは、キレイなお札を出したほうが、受け取った方も好印象を持つはずです。さらに長財布は折らない分、耐久性にも優れています。

財布にシワや傷がつきにくいです。大事に使えば、10年以上もの長期間において使い続けることも十分に可能です。このように長財布は、折りたたみ財布よりも優れている点がたくさんあります。

お金の管理と見栄えの両方において有利です。どのような方であっても一度は保有する価値はあるでしょう。まず最初はコンパクトサイズのものから試してみることです。慣れてくれば、邪魔になることはありません。むしろとても使いやすくて便利であると実感できるはずです。

最近の投稿

Copyright© 2014今ホットなお財布ってなんでしょう、色、形状、素材から財布を選ぶための方法 All Rights Reserved.